がん(悪性新生物)

がんによる障害認定の対象は以下の3つに区分されています。
ア 悪性新生物そのもの(原発巣、転位巣を含む。)によって生じる局所の障害
イ 悪性新生物そのもの(原発巣、転位巣を含む。)による全身の衰弱又は機能 の障害
ウ 悪性新生物に対する治療の効果として起こる全身衰弱又は機能の障害
 ウにある通り、がんそのものに加え、抗ガン剤等の治療の副作用も障害認定の対象となっています。

 がん(悪性新生物)の障害認定基準は以下の通りです。

1級 身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状
が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生
活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
2級 身体の機能の障害が前各号と同程度以上と認められる 状態であって、
日常生活が著しい制限を受けか、又は日常生活に著しい制限を加えること
を必要とする程度 のもの
3級 身体の機能に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を
加えることを必要とする程度の障害を有するもの

がんによる障害認定は、具体的に診断書の「一般状態区分表」においてどこにあてはまるかがひとつの目安となっています。

一般状態区分表

区分 一般状態
無症状で社会活動ができ、制限を受けることなく、発病前と同等にふる
まえるもの
軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業は
できるもの 例えば、軽い家事、事務など
歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、
軽労働はできないが、日中の 50%以上は起居しているもの
身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中
の 50%以上は就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能とな
ったもの
身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、
活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるもの

上記の区分で、オが1級相当、エまたはウが2級相当、ウまたはイが3級相当とされています。この一般状態区分表に加え、診断書の以下の項目を併せて等級が認定されています。
・現症時の日常生活活動能力
・予後(今後の見通し)
・自覚症状
・他覚所見(体重の減少等)
・血液検査成績

「疼痛(トウツウ)」は原則として障害年金の対象となりませんが、がんに付随する疼痛は例外とされてます。

疼痛は、原則として認定の対象とならないが、四肢その他の神経の損傷によって生じる灼熱痛、脳神経及び脊髄神経の外傷その他の原因による神経痛、 根性疼痛、悪性新生物に随伴する疼痛等の場合は、疼痛発作の頻度、強さ、持続時間、疼痛の原因となる他覚的所見等により、次のように取り扱う。
ア 軽易な労働以外の労働に常に支障がある程度のものは、3級と認定する。
イ 一般的な労働能力は残存しているが、疼痛により時には労働に従事する ことができなくなり、就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限される
ものは、障害手当金に該当するものと認定する。

自覚症状においては疼痛についてもしっかりと訴えていくことが大切になります。

診断書は基本的に「血液・造血器 その他の障害」用のものを使用します。

肢体の障害なども出ていれば「肢体の障害」用の診断書も一緒に提出するなど、障害の状態がより明確に伝わるようにする場合もあります。

関連記事

受給事例

相談事例&FAQ

おすすめ記事

  1. 当法人のサポート内容

  2. 申請代行の料金について

  3. 障害年金は誤解の多い制度

  4. もらえる年金の額は

アーカイブ

ページ上部へ戻る