人工肛門・新膀胱

障害認定日について

 ・障害年金の請求ができるのは、原則として初診日から1年6か月後の「障害認定日」以降です。

 しかし、人工肛門・新膀胱を造設した場合は、造設日が「障害認定日」となりますので、初診日から1年6か月経過していなくても請求できます。

※障害認定基準より(人工肛門、新膀胱)

人工肛門又は新膀胱を造設したもの若しくは尿路変更術を施したものは、3級と認定する。

 なお、次のものは、2級と認定する。

 (ア) 人工肛門を造設し、かつ、新膀胱を造設したもの又は尿路変更術を施したもの

 (イ) 人工肛門を造設し、かつ、完全排尿障害(カテーテル留置又は自己導尿の常時施行を必要とする)状態にあるもの

 なお、全身状態、術後の経過及び予後、原疾患の性質、進行状況等により総合的に判断し、さらに上位等級に認定する。

イ 障害の程度を認定する時期は、人工肛門、新膀胱又は尿路変更術を施した日 (初診日から起算して1年6月以内の日に限る。)とする。

障害等級について

等級は原則3級

 →初診日が厚生(共済)年金加入期間中であることが必要

 ※ただし、術後の経過が非常に悪ければ2級の場合もあるので国民年金でも可能性はあります。

以下の場合は2級に認定
 ①人工肛門+新膀胱または尿路変更術
 ②人工肛門+完全排尿状態

 →初診日が国民年金加入期間中でも支給される

人工肛門・新膀胱を造設した場合、就労状況とは関係なく、フルタイムで働いていても3級以上に認定されます。

関連記事

受給事例

相談事例&FAQ

おすすめ記事

  1. 当法人のサポート内容

  2. 申請代行の料金について

  3. 障害年金は誤解の多い制度

  4. もらえる年金の額は

アーカイブ

ページ上部へ戻る