まずは初診日の特定から

障害年金の制度において「初診日」を特定することは大変重要な意味を持っています。

初診日の重要性
「初診日」とは今回の障害の原因になった傷病について、「初めて医師の診療を受けた日」のことをいいます。障害年金を申請するにあたって、まず最初にやらなければいけないことが、この「初診日」の特定です。
「初診日」が特定できると次の①~③の判断が可能になります。

① どの障害年金がもらえるのかの判定
初診日に加入していたのが国民年金であれば障害基礎年金が受給できます。厚生年金であれば障害基礎年金と障害厚生年金が受給できます。

② 保険料納付要件の確認
初診日の「前日」が保険料納付要件を見るための基準日になります。
初診日の「前日」としているのは、保険料を納めていない人が障害の診断を受けた後に保険料を追納し、障害年金をもらおうとすることを防ぐためです。保険料を納めることができない理由があるのであれば、「納めない(未納)」ではなく、きちんと申請して「免除」となるようにしましょう。

③ 障害認定日における障害の状態の認定
障害の状態であるかどうかの評価は「障害認定日」に行います。障害認定日は初診日の1年6か月後です。
したがって初診日が特定できないと、「初診日が決まらない⇒障害認定日が決まらない⇒障害の認定もできないとなり、「障害年金の受給もできない」ということになってしまいます。

障害年金制度における「初診日」の意味
具体的には以下のような日が「初診日」となります。

①初めて医師の診療を受けた日
②同一の傷病で転院があった場合は、一番初めに医師の診療を受けた日
③過去の傷病が治癒してその後再発した場合は、再発後初めて医師の診断を受けた日。
   >「社会的治ゆ」について
④健康診断により、異常が発見されて、その後医師の診療を受けた場合は健康診断の日
⑤正確な診断名が確定していなくても、誤診であっても、初めて診療を受けた日。
⑥じん肺症・じん肺結核の場合は、初めて「じん肺」と診断された日。
⑦障害の原因となった傷病の前に、相当因果関係がある傷病を発症している場合は、最初の傷病の初診日。
   >「相当因果関係」について

 うつ病等の精神疾患では、睡眠障害や食欲不振などの症状が出て、当初は内科などを受診し、その後精神科を受診して「うつ病」と判断されることもあるかと思います。その場合の初診日は精神科ではなく、最初にかかった内科となります。
 初診日から時間が経過していたり、転医を繰り返していたりすると、初診日の特定は難しくなってきますので注意が必要です。

初診日を証明するには
 初めて行った病院と現在通っている病院が同じであれば、診断書で初診日も確認できるので問題ありませんが、転医している場合は初診の病院から証明書(受診状況等証明書)をもらう必要があります。
 また、カルテの保存期間は5年となっていますので、初診日が5年以上前の場合には、カルテが保存されているかどうか事前に確認する必要があります。

 どうしても初診の病院で受診状況等証明書を取得できない場合には、「受診状況等証明書を添付できない理由書」の提出を求められます。ただ、「受診状況等証明書を添付できない理由書」のみの提出では、障害年金の受給はかなり困難です。この場合は、それ以外にも初診日を客観的に証明するための資料として、以下のようなものをできるだけ集めて提出することが必要になってきます。

・健康診断、人間ドックの結果記録
・健康保険の療養給付記録
・入院記録、診察受付簿
・身体障害者手帳交付時の診断書
・紹介状の写し
・当時の診察券、投薬袋等
・労災の事故証明書
・交通事故証明書
・2番目以降に受診した病院で取得した受診状況等証明書

まずはお気軽にご相談ください。
yoyakutelimg

関連記事

受給事例

相談事例&FAQ

おすすめ記事

  1. もらえる年金の額は

  2. どんな病気やケガが対象?

  3. 当法人のサポート内容

  4. 申請代行の料金について

アーカイブ

ページ上部へ戻る