アーカイブ:2015年 12月

  • 成年後見制度について

    「成年後見制度とは」  認知症、知的障がい、精神障がいなどの理由で、判断能力が不十分な方のために、後見人等を選任し、本人を保護し、支援する制度です。  例えば、本人に代わって、不動産や預貯金などの管理を行ったり、身のまわりの世話のために必要な介護などのサービスや病院等の施設への入所に関する契約を結んだりします。  また、本人が自分に不利益な契約であっても、十分に判断ができないまま契約を結び、悪徳商法等の被害にあうおそれもあることから、そのような場合でもその契約を取り消し、被害を防ぐことができます。

受給事例

相談事例&FAQ

おすすめ記事

  1. 申請代行の料金について

  2. もらえる年金の額は

  3. 当法人のサポート内容

  4. どんな病気やケガが対象?

アーカイブ

ページ上部へ戻る